便利なサブリースシステムの魅力を知る|人気の秘密に迫る

男性

賃貸のリスクを避ける

電卓と紙幣

賃貸のリスク

賃貸経営をする上で、一番の問題となるのが借り主の家賃滞納です。このため契約をするさいには連帯保証人を付けることになりますが、保証人が遠方に居たり、また保証人そのものが保証能力がないといったケースもあり万全ではありません。もちろん、借り主も家賃を支払う意思はあっても収入が何らかの理由で途絶えた場合には、支払うことが困難になります。このため賃貸経営をする上で家賃滞納によるリスクを連帯保証人だけで完全に解消することができません。そこで増えてきたのが家賃保証です。家賃保証は保証会社が借り主からいくらかの手数料を得ることでその借り主を保証するというものです。借り主が支払いが困難になった場合には保証会社が代位弁済してくれるので家賃滞納による減収最小限にすることができます。

リスクを避ける保証業務

家賃保証は、家賃滞納に対するリスクを避けることができるため賃貸経営者にとっても、また借り主にとってもメリットがあるものです。特に契約に基いて代位弁済されるので賃貸経営者としては家賃滞納による減収リスクを最小限にすることができます。このため連帯保証人にプラスして家賃保証の利用を求めるケースも増えてきています。一方で、デメリットとしては、保証会社に手数料を支払う必要があります。このさいの費用は会社によって異なり1年間で半月分、1ヶ月分のほか家賃の3割から7割、また1万円から3万円程度の固定額などさまざまです。いずれにしても信用力があれば保証料を下げるところが一般的で、保証会社によって保証された借り主であれば家賃滞納リスクを最小限にすることができます。