便利なサブリースシステムの魅力を知る|人気の秘密に迫る

男性

物件の管理の依頼とは

貯金箱

管理の委託が人気の理由

現代では国内から海外まで、仕事などにおいて移動の機会が多く、戸建てより賃貸物件の方が人気があります。そのため、賃貸物件の大型化が進んでおり、家主にとっては賃貸管理が難しくなっています。そこで、賃貸管理業者に物件の管理を委託することが一般的になりました。賃貸管理を委託すると、業者が居住者のニーズに合わせて物件の改善策を家主に提案したり、逆に家主の提案に関して居住者と相談を行ったりします。そのほか、退去時の立会いや補修費の見積もりなど、賃貸契約に関わる実務も代行してくれます。このように、大勢の居住者と物件そのものを効率的に管理しつつ、住宅環境の改善にも取り組んでくれることから賃貸管理業者の利用が盛んになりました。

管理が物件の価値を決める

賃貸管理業者は物件と居住者の管理を行う役割がメインですが、実はこの管理が行き届いているかどうかで物件の価値が決定します。現在の日本では、好況時と違って不動産を所有しているだけでは価値が低い傾向にあります。物件の価値を上げて収入源にするためには、既に入居している方々の満足度や、居室・廊下・ゴミ収集所などの手入れが行き届いているかが重要となります。賃貸管理を委託することは依託料が必要ですが、自主管理よりはるかに効率が良く、むしろ家主自身が共有部分の手入れなどをするよりコストが削減できる場合もあります。このように、物件の価値を高い水準で保って長期の賃貸契約や入居希望者の数が維持しやすくなるように、賃貸管理の委託が行われることが増えています。